[rtb_theme_link3] [rtb_theme_free3]

温泉の種類

温泉って一口に言ってもいろんな種類の温泉があり、効能も様々です。

大きく分けて9に分別できます。

温泉の一般的効能は、

疲労回復、健康増進、筋肉痛、冷え性、ストレス、胃腸炎、痔等があります。すべての温泉に当てはまります。

以下の効能は、泉別特性をまとめたものです。

 

温泉名  効能 特徴
浴用 飲用
単純温泉     刺激が少なく肌にやさしい。概ね無色透明で無味無臭
塩化物泉 切り傷、やけど、皮膚病、婦人病 便秘、消化器病 汗の蒸発をふせぐ効果があるので、湯ざめしにくい.。殺菌効果があるので、外傷治癒にも利用される。塩分が主成分なので飲泉すると塩からく、濃度が高い場合は苦く感じる。
炭酸水素泉 切り傷、火傷、皮膚病 肝臓病、糖尿病、消化器病、痛風 アルカリ性を示す温泉が多く「美人の湯」と称されるものもある
硫酸塩泉 動脈硬化症、切り傷、やけど,皮膚病 胆嚢炎、胆石症、肥満症、糖尿病、痛風、便秘。 アルカリ金属・アルカリ土類金属の硫酸塩を主成分としていることからこの名称が付いている。俗に薬効が高いと言われる。
含鉄泉 月経障害 貧血 湧出後の酸化により、温泉が黄色や赤色、赤褐色を示すのが特徴。赤湯と呼ばれる温泉は鉄泉であることが大半である。また、炭酸を含有する場合(炭酸泉)もある。
二酸化炭素泉 高血圧症、動脈硬化症、切り傷、やけど 消化器病、便秘。 入浴すると皮膚に炭酸の泡が付着する。含鉄泉、二酸化炭素泉と炭酸水素塩泉の泉質を併せ持つ場合もある。
酸性泉 慢性皮膚病。 慢性消化器病 酸性という特性から、殺菌効果や肌を剥がすことによる新陳代謝の促進などが期待できる。ただし、入浴者の肌が弱い場合などにはピリピリとした強い刺激を感じたり、悪影響を与える恐れもある。
硫黄泉 皮膚病、慢性婦人病、切り傷、糖尿病 糖尿病、痛風、便秘 卵が腐ったような臭い、また湧出後湯船にて湯の花により白濁する温泉も多いのが特徴。
放射能泉 風、高血圧症、動脈硬化症、皮膚病、婦人病、胆嚢炎、胆石症 痛風、消化器病、胆嚢炎、胆石症、神経痛、筋肉痛、関節痛 微量のラジウム、ラドンおよびアスタチンから水銀までの原子核崩壊によって生じる放射性同位体が含まれるのが特徴。「健康への悪影響は一切なくむしろホルミシス効果による免疫細胞の活性化により健康になるため積極的に被曝すべき」とする者もいる。その一方で、ラドン被曝などでの健康に対する害への指摘もある。

当ページからのリンク先とページ記載の内容につきましては一切関係ありません

[rtb_theme_link4]